金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

果たしてFXではマイナーな外貨は余りおすすめできないか

FXには、様々な外貨があります。米ドルやユーロなどはとても有名な外貨です。 ところでこの金融商品で売買ができる外貨の中には、やや知名度が低いタイプも見られます。例えばルーブルという外貨などは、聞き覚えが無い方々も多いでしょう。ロシアで用いられている外貨になります。その他にもズロチという外貨などもありますし、とにかく世界中で様々なタイプの通貨がある訳です。

ところで専門家の中には、あまり知名度が高くない外貨をお勧めしていない事があります。上記のルーブルなどの外貨を、あまり勧めていない方々も多く見られる訳です。その理由の1つが情報量の多さになります。 そもそも外貨の動向を知る為には、情報は大切です。ニュースなどにアンテナを張り巡らせることによって、外貨の動きなどをある程度予測する事も可能です。ところが上記のルーブルなどの外貨の場合は、情報量が少々不足する傾向があります。

確かに経済に関するニュースを見てみても、ルーブルという名前を聞く機会はあまり多くないでしょう。 逆に米ドルやユーロなどの外貨の場合は、比較的頻度多く耳にする傾向があります。ですので専門家の方々としては、むしろそのようなメジャー外貨を推奨している傾向があります。 しかし私は、最近はそうでもないとも考えています。確かに外貨の動きを把握するとなると、ニュースなどは大切な一面はあるのは事実です。

しかしそれが全てでもありません。やり方次第では、マイナーな外貨でも大きな利益が生じる可能性は一応あります。一工夫すれば、大抵の外貨では利益が生じるようになるものです。 ですので私は個人的には、外貨のメジャー度はあまり当てにならないと考えています。それよりも大切なのは、外貨の手数料の問題です。前述の米ドルなどの外貨の場合は、手数料は比較的低めになっている事は多いです。ですので頻度多く取引をするのが、確かにマイナー外貨より米ドルの方が良い一面があります。メジャー度で判断をするというより、むしろ必要コストの方が大切だと考える次第です。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ