金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

FXは予想が外れてもチャンス時に含み益を伸ばすことで帳消しできる

勝率がFXの利益に貢献するのは間違いないのですが、ギャンブルと比べると当てることについてはそれほど重視しなくてもよく、ひどい連敗が続くような状況になりさえしなければ資金を失わず取引できます。ではどうやって増やしていくのが正しいかといえば、勝ったときの利益を一度の損失トレードの数倍にしたらいいのです。これなら単純に計算しただけでも勝率が低くても儲かるというメカニズムがすぐわかるでしょう。

ただ、含み益が増え続けているときにできるだけ決済せず見守るということが実際にFXをしているとできない人が多いのです。 利益は早めに手元においておきたいという人間の心理が邪魔をして、まだトレンドの初動だというのに保有ポジションをすべてスクエアにしてしまうなんていう経験は誰しもあると思います。ですから、決済したくなる場面で本当にそのタイミングなのか否かを正確にチャートから感じ取り、まだ伸びしろがあると思ったときはグッと我慢して決済のボタンをクリックしないことが大切なのです。

FXはどこでエントリーするかよりどこで決済するかのほうが数倍難しいと感じるようになったら初心者から半分脱しています。 反対に含み損でずっと為替が動いているときは状況が変わることに期待してホールドし続けず、考える前に損切りするのが正しい判断という場合が多いと経験的に感じます。エントリーからしばらく待っても、建値付近でレンジになっているときも同様といえるでしょう。

予測した方向へ勢いが足りなかったら、一度切ってまた次の波が来たときにポジションを持つパターンで行くと効率的には格段に良いのです。気分的に1円でも損失は避けたいと思うのが投資家の心情ですが、不利なポジションに付き合うことなく無感情でバシバシと切ることで優れたトレーダーになれます。 これらのやり方は投資の格言として今も残る利大損小という言葉に集約されています。小さな損が重なっても大きく利益を得られればトータルでプラスになるという、投資で勝つために必須の精神なのです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ