金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

郵便物の住所不明の時には口座が凍結される事も

FXの会社は、ごく稀に顧客に対して郵送物を送付します。いわゆる手紙などを送付するケースが、ごく稀にある訳です。 基本的にFXの会社としては、できるだけ電子媒体を使おうとは考えています。あまり紙媒体で郵送物を送付する事はありませんが、たまに例外もある訳です。 例えば、一番最初の口座を作る段階です。現在の日本のルールでは、パスワードは必ず郵送物で送ることになっています。

メールでパスワードを送るのは、現時点では海外の業者くらいです。かなり厳重にパスワードを取り扱っている訳ですが、もちろんその際には紙媒体を用いる事になります。 そしてこの郵送が、実はFXでは大切なポイントになる事があります。なぜならその郵送物を受け取る事ができないと、口座が凍結になってしまう事があるからです。 郵便物に対する状況は色々で、中には住所不明などが理由でそれが戻ってきてしまう事例が見られます。

この場合金融会社としては、一番肝心の郵便物を受け取ってもらう事ができないので、やむを得ず口座を凍結せざるを得ない訳です。それでは口座を作りたいと思っている本人としては、大変困ってしまうでしょう。実は金融会社が一番困っているのですが。事務手続き上のようなルールになるので、それは仕方がありません。 また新規で口座を作る時だけでなく、すでに口座を保有している時も同様です。

何か重要な通知を紙媒体で知らせる事例も、たまにある訳です。その際に住所不明で郵便物が戻ってきてしまった時にも、やはり口座凍結になってしまう事が多いです。もちろんそれでは困ってしまうでしょう。 ですのでFXの会社に届け出ている住所などは、定期的に確認をする事が必要です。

人によっては、たまに引越しをしています。それで住所変更の手続きが完了していないので、間違った情報が金融会社に登録されている事もあります。それで元いた場所に郵便物が届いてしまう事例も、たまにあります。 実はFXでは、住所の重要度はかなり高い訳です。住所変更などは、忘れずに行っておくべきでしょう。そして住所の正確さも大切です。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ