金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

時間軸が短くなると反射神経が求められるFX

FXには、様々な時間軸の種類があります。時間軸は1種類だけではありません。 ところでその種類によって、トレーダーに対して求められる要素が色々と変わってくる一面があります。その1つが反射神経なのです。 この金融商品では、やり方次第ではかなりの反射神経が求められます。とりわけデイトレで売買をするとなると、その傾向が顕著です。 もっとも分かりやすい例で申し上げると、経済指標が発表された時のタイミングです。

その局面では、かなりの勢いで外貨が動く傾向があります。かなりの早さになりますので、人によってはその動きについて行けない事があるのです。 そして早さが求められるとなると、前述の反射神経も求められる傾向があります。動きが生じた時に、すかさず反応するスキルが求められる訳です。 ですので人によっては、シューティングゲームをしている事もあります。

そのゲームでは、かなりの反射神経が求められるからです。日頃はシューティングゲームでその神経を磨いていますが、デイトレで売買をする時の練習をしている訳です。普段からその神経を磨いておいて、いざ売買を行う時に利益が生じるようにする為です。 ただし、それは全ての時間軸で求められる訳でもありません。上記で申し上げた話は、あくまでもデイトレで売買をしている方々になります。

もっと長期的なスパンで売買をしている方となると、また話は異なってくるのです。 例えばスワップ金利を目的に売買をしている方々の場合は、特に反射神経などが求められる事はありません。基本的には外貨を放置する事になるので、あくまでも現在の収支などを長期的な視野で管理するだけです。

そこには反射神経などの要素は無いのです。 つまり時間軸が短くなれば、それだけ反射神経が求められる訳です。ですのでデイトレでFXの売買を検討している方々の場合は、反射神経を鍛えるための訓練なども必要になるでしょう。逆にスワップなどを目的に売買をするとなると、むしろスケジュール作りや計算の方が大切かもしれませんね。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ