金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

FXが投資信託よりも良い理由と利益見込み率

世間には色々な投資商品があります。ここ最近では、投資信託という商品がクローズアップされている事が多いです。最近では銀行でも、その商品を宣伝している状況です。 投資信託は、中には非常に優秀なものも見られます。とても優秀な投資家の方が運用をしてくれていれば、大きな利益は発生する可能性はあるからです。 ただし商品によって、もちろん利益率などは異なります。

一般的には投資家の裁量に左右される一面があるので、優秀な投資家が運用してくれているか否か等は、選別ポイントの1つになるでしょう。 また第三者機関による評価なども、その商品を選ぶ基準の1つになり得ます。第三者の会社から高い評価を受けている商品などは、利回りなども高く見込めるからです。 ところで投資信託は、しばしばFXと比較されます。少なくとも、どちらも投資関連の商品なのは確実でしょう。

それぞれメリットがあるので、どちらを選べば良いか迷っている方々も少なくありません。 個人的には、FXの方が望ましいと考えられます。なぜならその外貨を用いる商品の場合は、利益率に関するメリットがあるからです。 投資信託は、総じて利益率は低めな傾向があります。そのジャンルの商品の場合は、一般的には年間10%の利益をコンスタントにキープできるか否かが、大きなポイントになります。

10%を短期間だけ記録するのではなく、あくまでも長期的にキープできるか否かがポイントになるのです。 しかし10%という数値は、FXに比べるとやや低めな水準とも言えます。この外貨を用いる投資商品の場合は、年間100%になるケースも少なくありません。もちろんそのレベルに至るまでには、かなりの勉強も必要になります。また一定以上の時間投入なども必要です。

しかしその壁を乗り越えることができれば、それ位のパーセンテージを記録できる事も多いです。 つまりFXの方が投資信託よりは高い利回りが期待できる訳です。自分の努力次第で大きな利益が見込めるのは、この外貨を用いる商品のメリットの1つと言えるでしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ