金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

果たしてFXでの空売りは借金をする事になるか

FXのシステムの1つに、空売りがあります。いわゆる売りから入る方法になりますが、相場が下落している時にもチャンスになり得る方法です。 一般的には物販での利益となると、安く買って高く売るのが原則ではあります。できるだけ安いタイミングで物品を仕入れて、高いタイミングで売却をする事になる訳です。そのようなイメージが強いと、空売りはなかなか分かりづらいかもしれません。

ところで空売りに関わる金融商品の1つに、信用取引があります。あれは、金融会社から借金をした上で利益を生み出す方法になります。 その流れですが、まずは金融会社から借金をします。その際に、100万円を借りたとします。それで利益が生じた時には、金融会社にお金を返す事になる訳です。 逆に損失が発生した時でも、借金が残る点には注意を要します。ですので空売りを仕掛けた後に損になってしまった後でも、借金の返済義務は残っている訳です。ですので信用取引で空売りを仕掛ける時には、やはり慎重に行うべきでしょう。

一歩間違うと多額の借金が残ってしまう可能性があるからです。 ではFXの場合は借金が残るかというと、そうではありません。確かにFXでも売りから入る事はできますし、それで利益を発生させる事は可能です。 では借金が残るかと言われれば、そうではないのです。FXの場合は、もっと別の予約注文というシステムになります。 前述のように安いタイミングで買って高く売るのが商売ですが、FXの場合はその高いタイミングでの予約の売り注文をする事になる訳です。そしてどこかのタイミングで建玉の決済をすると、その予約が実行される事になります。

この際あくまでも予約が発動する訳ですから、別に借金が発生する訳でもありません。したがってたとえ損失が発生したとしても、金融会社に対する借金が残るわけではないので、その意味では安心でしょう。 だからといって、FXが安全という意味ではありません。損失が発生する可能性は大いにあるので、それを上手くコントロールするのは必要でしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ