金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

デイトレのやり方でFXの売買をするメリットとリスク軽減

金融トレーダーのやり方の1つに、デイトレがあります。その方法では、基本的には宵越しの建玉を保有する事はありません。その日の内に全ての建玉を決済する方法になります。 例えば4月14日の午前10時のタイミングで、何らかの建玉を保有したとします。その場合は、4月14日中にその建玉の決済をする事が必要になる訳です。したがって4月14日の23時59分までには、それを決済する必要があります。自分で決済をしなかった時には、強制的に決済されるというシステムになります。

そのような話を聞きますと、ちょっとそれはリスクが大きいシステムのように思われるかもしれません。しかし実際には、リスクを限定できるメリットがあります。なぜなら長い間建玉を保有していると、それだけリスクが高まるとの考えもあるからです。 というのもFXの建玉は、余り長い間保有しない方が良い一面があります。長期保有していると、たいてい含み損が拡大してしまう訳です。 数年前にFXの業界で、リーマンショックがありました。それで大きな損が生じた方も多かったのですが、あのタイミングでできるだけ早く決済をしていれば、損失を低く抑える事ができていたはずです。

ショックが始まったばかりのタイミングで買い玉を保有していたとして、含み損が発生した時には、すぐに損切りをしていると良かった訳です。しかしずるずると長らくそれを保有していると、含み損が拡大してしまうケースが多かった訳です。ですので長らくポジションを保有しない方が良い訳です。

長くポジションを保有するのを防止するとなると、ある意味前述のデイトレのシステムは合理的と言えます。その日の内に決済をすれば、ずるずると長らく建玉を保有する事も無いでしょう。そのような意味で、リスクを低く抑える事ができるやり方と言えます。 そして何も1日単位で決済をするルールにこだわる必要はありません。それを1週間や1時間などと制限するのも自由です。それでリスクを低く抑えられる訳ですから、自分なりに時間ルールを設定してみるのも良いでしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ