金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

あえて投資信託でなくFXを選ぶ理由と利益率

投資を考えている方々は、たまに誰かにそれを任せる事を検討しています。自分でそれを行うのではなく、むしろプロの方に任せる方が良いとの考えもある訳です。その選択肢の1つが投資信託です。 投資信託の中には、確かに高い利益が見込めるタイプもあります。

投資信託には、利益率に関するデータがあります。第三者機関が色々な評価を下している訳ですが、それを基準に自分に最適な投資信託の商品を選ぶ方法もあります。中には大きな利益が発生する可能性がある商品もあるので、それに大きな関心を抱いている方も少なくないです。

では私はその商品をどう考えているかというと、正直あまり乗り気になりません。むしろFXの方がメリットが大きいと考えているからです。 そもそも投資信託の利益率は、それほど高いものではありません。ある程度成績優秀な商品の利益も、年間10%程度などになっているケースがほとんどです。かなり優秀な商品でも、15%程度という状況になります。 ところがFXの場合は、やり方次第で非常に大きな利益が生じる可能性があるのです。

例えばトラリピというシステムがあります。 ある金融会社が提供しているとても優秀な自動売買のシステムですが、あれはかなりの利益率が見込めるからです。その金融会社の話では、1年間に100%前後の利益が発生するとアピールされていました。ただしそれはあくまでも最大100%なのですが。

そして私はその金融会社の話をヒントに、自分で色々と試行錯誤をしてみました。どれだけ相場の状況が悪くても、結局はプラスになる事が多かったです。最低でも、年間10%程度は行くと踏んでいます。 そして投資信託の上記の10%という数字は、あくまでも優秀な商品に限定されているのです。あまり優秀でない商品の場合は、10%以下になってしまう可能性があります。それを考えれば、やはりFXの方がメリットが大きいと思う次第です。ですので私は今後は投資信託というより、FXの売買を続けていく事でしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ