金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

為替が動く原因は金や原油価格も影響がある?

FXを長くやっていると朝、起きた時にチャートを見てびっくりする時がありますよね。何でこんなにドル円が下落しているのか、また、上昇している時もありますが、ポジションを持っていない時でもドキッとすると思います。 一般的に為替が動く原因は経済指標や要人発言と言われていますが、原油価格も為替に影響があります。よく原油価格の上昇や下落はニュースになっていますが、そのような時は大きく為替も動いています。

もちろん、いつもではありませんが、FXをやっているなら原油価格もチェックしておく必要がありそうです。 また、原油価格と同じように金価格も為替に影響がありまますし、もちろん、株価も影響があるので、このようなチャートも為替と一緒にチェックしているトレーダーも多いようです。数年前、特に私がFXを始めた時は株価が下がると円高になり、ドル円を売って結構簡単に利益を出すことが出来ました。

ただ、今は株価が下がっても円安になる時もあるので、株価だけで判断しないようにしています。理由はよく分かりませんが織り込み済みなんでしょうか。例えば、経済指標が悪くても上昇する時もありますし、結果が良くても下落する時もあります。このような時も織り込み済みじゃないかと思います。 特に経済指標発表後はよく分からない値動きをするので様子見に徹するのがいいですね。

特に雇用統計とFRB金利発表の時は1円近く上下するのでこんな時に取引しているとすぐにロスカットされてしまうので、発表後30分~1時間は様子をみた方がいいと思います。 FXの取引手法はトレーダー個人によって違いがあるのでこれが正しい手法というものはありませんが、無理にポジションを持とうとするとダメですね。

相場が動いていてノーポジだと損をしている気分になってしまう時もあります。しかし、無理についていくと必ず高値で買いポジションを、また、安値で売りポジションを掴まされてしまうので乗り遅れた時も様子見に徹するのがいいと思います。取引が長くなるとノーポジが続いていても冷静でいられますし、ここぞという時に取引量を増やすのがお勧めです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ