金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

日本の方が海外のFXの会社より優れている理由と入金の早さ

FXでの売買をするとなると、選択肢は2つあります。海外もしくは国内の業者を用いて、売買をする方法です。 どちらもそれぞれメリットがあります。いわゆるハイリスクハイリターンな取引を検討しているなら、前者の海外の方が良いでしょう。明らかにレバレッジが高めになっているので、その商品の方が大きく稼げる可能性はあるからです。 しかし利便性という意味では、むしろ国内の業者の方が良い一面もあります。

なぜなら国内の方が、送金に関するシステムが非常に充実しているのです。 海外の会社で売買をするとなると、大抵はクレジットカードが必要になってきます。そして人によっては、クレジットカードをお持ちでない事もあります。 実はその場合でも、一部の海外の会社では日本の銀行の口座で入金をする事自体はできるのです。ただ問題は期間です。その手続きが完了するまでに、やや時間がかかってしまう傾向があります。

というのも海外の会社で入金をするとなると、早くても1時間程度かかってしまう事が多いです。状況によっては、丸1日を要する事もあります。クレジットカードを持っていると早いですが、残念ながら持っていないとなると、やはり時間がかかります。 ところが日本のFXの会社は、遥かにスピーディーに入金する事ができる訳です。1時間という事はまずなく、早い会社ならば数秒程度で入金の処理が完了します。

ロスカットを回避したい時などは、そのシステムはとても便利です。 ただしそのスピーディーな入金をする為には、ネットを用いる必要はあります。通常の銀行振り込みの場合は、もう少し時間がかかる事が多いです。それでも海外の会社に比べれば、スピーディーな傾向があります。 ですので入金の利便性を考えれば、海外の会社よりもむしろ日本の会社の方がベターと言えるでしょう。特に上記のようにロスカットを回避するために入金をするケースは、決して珍しくありません。そのような売買を考えているならば、海外ではなく日本の業者で売買をすると良いでしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ