金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

海外のFXの会社による損失補填のシステム

海外のFXの会社には、非常に独特なシステムがあります。万が一の損失が発生した時でも、FXの会社が補填してくれるシステムです。 例えば海外の会社で口座を作って、とりあえず売買をしてみたとしましょう。ところが何かを間違ってしまって、損が発生してしまったとします。よくあるパターンですね。 その時には日本国内の業者では、自己責任になります。損が発生したとしても、日本の国内の業者が何かをカバーしてくれる訳ではありません。

自分の判断でミスをしてしまった訳ですから、責任は自分に帰属する事になります。 ところが海外の業者の場合は、その例外が発生する場合があります。なぜなら海外の業者では、一定期間内は損失が補填されるというシステムがあるからです。つまり損が発生したとしても、FXの会社がそれを支払ってくれる事になります。日本の業者でも、まずあり得ないシステムと言えるでしょう。

それを聞くと、日本ではなく海外の会社て口座を作る方が望ましく見えます。しかし実際はそうではなく、前述のように「一定期間内」になります。つまり期限が決まっている訳です。 例えばその期限は、口座を作ってから2週間以内になっているとします。その場合は、損失が発生するのはもちろん口座を作った日から2週間以内になっている必要があるのです。3週間後で1ヶ月後に損失に関する事をFXの会社に申請したとしても、すでに手遅れになってしまいます。

ですので損失補填を目的に売買をするならば、期限などはよく確認しておく方が良いでしょう。 また海外の会社の場合は、たまにあまり良くない所が見られます。上記のようにアピールをしていても、実際には損失は自己責任だと言われてしまう事があります。中には詐欺の会社も見られる訳です。そのような会社で口座を作らないようにする為にも、事前に会社の見極めをする事はとても大切でしょう。 ただその損失補填というシステムは、それでもメリットは大きいと思います。リスクを低く抑えられる可能性という意味では、日本よりも海外の方がベターとも言えるでしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ