金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

なぜFXではキャッシングのように即日の利用は困難か

FXは、もちろん金融関連の商品になります。そしてこの商品で売買を始めるためには、口座を作る必要があるのです。 この商品の口座を作るまでには、多少の日数は必要になります。少なくとも即日で口座を作るのは、少々難しいでしょう。一部例外の会社は見られますが、どれだけ早くても翌営業日などに口座を作れるケースがほとんどです。 ところで金融関連の商品の1つに、キャッシングがあります。

いわゆる融資関連の商品という事になりますが、それには早さに関する特長があります。 ここ最近のキャッシングは、とにかく手続きがスピーディーです。最近の銀行では、即日融資などの表現を用いる事も多くなってきました。その名称通り、申し込みをしたその日の内には借りる事ができる商品です。冠婚葬祭などを目的に急いでお金を調達したい時には、とても助かる商品と言えます。

そしてキャッシングの場合は、申し込みをした後に融資を受けられるまでの時間は、最短30分程度です。最近では審査がスピードアップしている都合上、それだけスピーディーにお金を借りられる状態なのです。昔に比べると、だいぶスピードアップしている事だけは確実でしょう。 それに対してFXの場合、前述のようにどれだけ早くても1日かかります。ただ厳密に言えば、実は口座開設の手続き自体は、即日で完了しているのです。

にもかかわらず実際に売買ができるようになるまでには、1日はかかる事が多いです。その理由の1つが、郵送の手続きになります。 現在の日本のルールでは、FXのパスワードなどは全て郵送になるのです。メールなどで送る訳ではありません。郵便で送るとなると、どうしても日数がかからざるを得ません。

キャッシングの場合は電子媒体を用いるので早いのですが、FXでは郵便でのやり取りが生じる都合上、どうしても時間がかかってしまう訳です。そのシステムが変わらない限りは、やはり即日の口座開設は難しいでしょう。 ただ最近では、色々とセキュリティの状況も変化しつつあります。今後の技術の進歩次第では、即日で売買ができるようになる可能性はあります。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ