金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

先物取引と違って長期的な売買が可能なFX

投資商品によっては、一定の期間内に必ず決済をしなければならないタイプが見られます。玉をずっと保有できない商品も、中には見られる訳です。 例えば、先物取引です。いわゆる貴金属の金や穀物などを用いる商品になります。それらの商品は、常に価格は変動しています。その動きを用いて利益を生み出すことを狙うのは、FXとほぼ同様です。 ところがその商品には、FXとは決定的な違いが一つあります。

それが冒頭で申し上げた決済なのです。 というのもそれらの商品で売買をするとなると、1ヶ月以内に決済する必要があります。そのようなルールになっているからです。ですので例えば3月24日に新規の建玉を保有した時には、翌月の4月23日などに決済をする必要があります。いわゆる限月です。

しかし人によっては、その決済が行われる事を忘れてしまっています。その場合はどうなるかというと、4月23日には強制的に決済されてしまう訳です。その際に含み損が発生していれば、当然大きな損が生じる事になります。 それはある意味、大きなデメリットとも言えます。なぜならその4月23日の時点で建玉を決済しなければ、今後の動き次第では利益が生じる可能性があるからです。強制的に決済されて損が発生するのは、とても悲しい事です。

ところがFXの場合は、長期的な保有をする分には特に問題ありません。現にスワップなど目的として売買をしている方などは、長期的に建玉を保有しているケースも大変多いです。それが可能なのが、FXのメリットの1つと言えます。 ある意味、FXは株に似ています。株式投資でも、基本的には長期保有になるケースが多いからです。

長期間建玉を保有していても、強制的に決済される事はまずありません。いわゆる塩漬け状態にしている株のトレーダーの方々も、数多く見られます。そのような売買も可能なのは、FXのメリットの1つとも言えるでしょう。長期的な売買を望む方々にとっては、先物取引よりはFXの方がメリットが大きいとも言えます。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ