金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

レバレッジにより強制損切りの率が異なる法人の口座

FXは、個人だけでなく法人の方々も口座を開設しています。一般的には、法人の方が選択肢は幅広くなる事が多いです。なぜなら倍数に関する違いがあるからです。 現在の日本のルールは、個人の方々はレバレッジは最大25までと決まっています。それ以上のレバレッジにするのは、現時点では難しいです。 そしてレバレッジは、もちろんリスクやリターンと大きな関係があります。

その数字が大きい程、ハイリスクハイリターンの取引になってくる訳です。 そして前述の法人の方々は、その数値をかなり高めに設定する事ができます。例えばある金融会社の場合は、最大のレバレッジを200にする事ができるのです。個人に比べると、およそ8倍ほど高い数値という事になります。 もちろん200ともなると、リスクはかなり高めになってきます。その代わり利益が高くなる事もあるので、やり方次第と言えるでしょう。

そして法人の場合は、ロスカット率が少々特殊なので注意を要します。個人に比べると、その率が少々高めになっているからです。 まず個人の場合は、ロスカット率が25と設定されているとします。損失率がそこに達する前までは、特に強制損切りが発生する訳ではありません。 ところが法人で200などの数値になっていると、ロスカット率も高くなってきます。

会社によっては、その数値が100などになっている訳です。数値が高い以上、それだけロスカットが発生する確率も高くなります。 また上記は200の例ですが、100や50となるとまた数値が異なってくるのです。100の場合はロスカット率が50で、50の場合は25のロスカット率などの具合です。

つまりレバレッジが低くなると、それだけロスカット率も低くなる事になります。 ですのでレバレッジが高い以上は、やはりリスクも高めになってくる訳です。かなり早い段階でロスカットが生じる事になるからです。 なお法人が口座を作る時には、レバレッジなどは基本的には選べます。ですので上記のようなロスカット率なども総合的に考慮して、最適なレバレッジを選ぶべきでしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ