金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

たいていはネッテラーで入金する事になる海外のFX

FXの口座に入金をする方法は、基本的には銀行振り込みになります。いわゆる電子媒体と通常の振り込みの2種類があって、たいていは前者の方がお得です。振り込み手数料なども、明らかに前者の方がお得度が高いです。 ところで入金をするとなると、商品によっては電子マネーが必要な事があります。というのも海外の業者などでやり取りをするとなると、それが求められるケースが大変多いです。

現在の海外のFXでは、電子マネーがある方が非常に便利です。電子マネーの口座を保有していなくても、FXの口座に入金をする事自体はできます。しかしマネー以外の方法ですと、かなり手間がかかる事が多いです。方法によってはかなり高めな手数料が生じる事も多いので、おおむね電子マネーが推奨されるでしょう。 ただしその電子マネーにも、様々な種類が見られます。

それぞれ特徴も異なるので、それらのマネーを比較するのも大切でしょう。 大抵のFXの会社では、ネッテラーという電子マネーに対応しています。非常に幅広い会社に対応しているマネーで、出金や入金なども非常に手軽に行う事ができます。ですので初めて海外のFXを利用する方々などは、その電子マネーを活用している事も珍しくありません。 ただしその電子マネーで入金をする事ができるのは、あくまでも海外のFXの会社になります。

日本の会社の場合は、また話は異なってきます。現在の日本の会社では、ほとんどが銀行口座で対応できるからです。日本は世界の中でも送金システムが非常に充実しているので、銀行でも十分なのです。手数料もスピードも、海外よりはずっと早いのが特徴的です。

なお、それは現時点での話です。今後の状況によっては、金融業界のマネーのシステムなども大いに変動する可能性はあります。上記のネッテラーなどの方法にしても、今後は日本の幅広い地域で採用される可能性はある訳です。ですので、いずれは日本の幅広いFXの会社で電子マネーが採用される可能性もある訳です。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ