金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

FXでの試行錯誤の意義とデータ数の重要性

FXで利益を生み出す為には、試行錯誤は欠かせません。自分なりに色々と工夫する事は、やはりどうしても必要だと考えます。 ある意味、それはサラリーマンの仕事に似ている一面があります。新入社員の方々は、会社に対して売り上げを出す為に色々と工夫をしている事が多いです。様々なやり方を試してみて、その中で一番売上数字が期待できる方法を採用する事になります。

例えば数日ほどは、やり方Aを試してみたとします。それで会社に対する売り上げが、10万円くらいだったとしましょう。そして同じ位の期間で、今度はやり方Bを試してみたとします。その結果、売上数字は40万ぐらいだったとします。 このAとBを比べれば、明らかにBの方が有利なのは確実でしょう。高い売り上げ数字が出ている訳ですから、少なくとも会社に対する貢献度は高いと考えられるからです。

FXでも、それと全く同じ事をする局面が多々あります。FXには、様々な売買のやり方があります。その中から最適な手法を見つけるために、様々な試行錯誤を行うケースも珍しくない訳です。 ただ1つ注意を要するのが、その試行錯誤の為のデータ数です。あまり少ないデータ数で判断するのではなく、できるだけ多くの数字を集めるようにすると良いでしょう。 上記のサラリーマンの事例では、数日ほどのデータを収集しています。

そして、数時間などではありません。また1日だけでもないのです。あくまでも数日間ほどのデータを集めているのがポイントです。 数時間程度のデータですと、そもそも量が不足しています。短期間でのデータでは、なかなか信憑性が低いとの意見も目立ちます。

それと同じくFXでも、できるだけ多くのデータを集めるようにすべきでしょう。少なくとも1取引や2取引では、明らかにデータ不足だと言えます。最低でも50取引を実行して、それらのデータを比較するのが望ましいでしょう。もちろん100取引などデータの数が多ければ、それだけ試行錯誤の信憑性も増す事になります。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ