金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

FXの含み損の確定が翌年になった時は申告は必要か

FXでは、しばしばに税金が重要ポイントになります。税金は、決して軽視できません。まして個人の方々となると、その金融取引で大きな課税が発生する事になります。ですので多くの方は、それをできるだけ低く抑える為に、色々な情報を知りたいと考えています。 まず大原則として、この金融商品では年間の利益が20万以上でないと、税務署に申告をする必要はありません。

したがって利益額が10万円台の時などは、別に確定申告をする必要は無い訳です。 そして所得の区分としては、いわゆる雑所得に該当するケースがほとんどです。それほど大きな利益額になっていない時は、いわゆる雑と考えて良いでしょう。 ただ人によっては、その利益がかなり大きな金額になっている事もあります。年間に数百万円を超えている時などは、雑というよりも事業所得と捉えた方が良い一面があるのです。

何円以上を事業と見なすか微妙な所ですが、一般的には110万円以上になると、事業所得として確定申告が行われる傾向があります。もちろん雑所得でも構いません。 ところで前述のように20万円以上ならば申告の必要がありますが、人によっては年をまたいでいます。含み損などは一応発生しているものの、まだ決済していないケースもある訳です。 例えば12月の20日の段階で、含み損が発生しているとします。

それまでに獲得している年間の利益はて40万円だとしましょう。さらに現在発生している含み損は、30万円だとします。 それで人によっては、その含み損を確定するのが翌年になっている事があるのです。つまり12月の時点でなく、1月に損が発生しているケースです。

この場合は、確定申告は必要です。というのも12月の時点では、まだ含み損が確定していません。最終的に決済をすれば、それは20万円に届かない状態になるので、確定申告は不要になります。しかしこの場合は12月に決済していない訳ですから、損失は翌年に持ち越されるパターンになります。あくまでも年末締めになるのが、FXの確定申告の特徴です。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ