金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

なぜFXでは指標が報じられると大きく動くのか

経済指標に関するニュースは、FXではとても重要度が高いです。そのニュースが発表されるタイミングでは、多くのFXのトレーダーがパソコンの前などに張り付きます。特にアメリカの失業率などが発表される時には、かなり多くの方々が張りつくのです。

ところで経済指標が発表されますと、一般的にはレートは非常に大きく動く傾向があります。そして初心者の方々は、その動きの大きさによって驚いています。昼間の時間帯はそれほど大きく動いていなくても、アメリカの失業率が発表された夜のタイミングで、あまりにも大きく動く事も珍しくありません。ですので、人によってはなぜそれだけ大きく動くのかが不思議に思っている訳です。

確かにその気持ちは、私もよく分かります。私もFXを始めたばかりの頃は、なぜこれだけ大きく動くのかよく意味が分からなかったからです。 簡単に申し上げると、注目度の問題です。多くの方々が注目しているとなると、それだけ一度にで動く金額も大きくなるからです。

まず昼間の時間帯は、あまり多くの方々が売買をしていない傾向があります。ところが経済指標が発表される夜のタイミングになると、多くの方々はその数字に着目するようになるので、取引をする方々の人数が増加する訳です。 外貨の動きは、売買をする方々の人数に左右されます。多くの方が売買をすれば、動きも激しくなる事が多いので、経済指標が発表される時にはそれだけ大きく動く訳です。

それと、サプライズ要素なども見逃すことができないでしょう。というのも経済指標の予想とは、大きく外れる事があります。発表される前は予想失業率が10%だったとして、実際の失業率が40%だった時には、かなり大きなサプライズなのは確実です。そこまで大きな差が生じれば、やはり動きも激しくなる訳です。かなりの失望感が生じるからです。 FXの経済指標が発表された事で値段が大きく動くのは、このように取引人数やサプライズ要素が主な原因と言えます。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ