金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

投資信託をFXを自由度の高さで比べてみた

金融商品には、様々なタイプがあります。銀行などでは、よく投資信託などをアピールしています。 ここ最近では、それがアピールされている頻度なども増加している状況です。今まで投資信託を宣伝していなかった銀行でも、それを宣伝している事があるからです。

ところで投資信託は、FXとは大きく異なる商品になります。ちなみに前者の投資信託で、外貨が用いられる事もあります。有名な米ドルやユーロなどを用いて、様々な運用が行われる商品も見られる訳です。 しかしその2つの商品は、やはり大きく違います。その1つが、プロの方が運用をするか否かです。

投資信託の場合、必ずプロの方にお任せをする事になります。自分で判断をする訳ではなく、専門知識がある方が外貨の金額などを見極めて、利益を生み出すよう頑張る商品になる訳です。 ところがFXの場合は、プロの方にお任せをする訳ではありません。あくまでも自分の頭で考えた上で、売買をするケースがほとんどです。つまり値動きなどは自分で分析をした上で、売買をする必要があります。

これを考慮すると、投資信託の方がメリットが大きいとの意見が浮上する事があります。なぜならあまり投資経験が無い方の場合、不安要素があるからです。むしろプロの方に任せる方が良いとの意見も見られます。 しかし投資信託には1つデメリットがあって、自分が良いと思ったタイミングでは売買できません。「ここでは明らかに利益が発生する」と思った時などは、他人に任せるのではなく自分の意志で売買を行いたいと思う事もあります。

それが可能なのがFXです。ところが投資信託はあくまでもプロに任せる事になるので、自分の意志では売買をする事ができない訳です。つまり自由度が低めな商品という事になります。 ですので自分の意志で柔軟に売買をしたいと思う方にとっては、投資信託よりはFXの方がメリットが大きいでしょう。自分の思い通りにお金を動かしたい方にとっては、後者がおすすめです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ