金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

数ヶ月の奮闘の末、チャートはわからない!ということを理解しました。

世の中には、FXで大儲けした話しが沢山あるようですが、それは歴史的円安進行だった数年前のこと。むしろ円高になってきてから私はFXに手を出したので、上がるか下がるか、まったく予想がつかない毎日です。それでも、上位1%は大儲け、5%は生き残る、という言葉から、「目指せ上位5%!」と数ヶ月間は、寝ても覚めても勉強や情報収集、チャートを見ては予想することを続けました。

その間、投入した資金100万円をなんとか減らすまいと、いろいろな手法を真似してみました。しかし、結論として思い知ったのは、「私には才能がない」ということと、「一年先に1ドル何円なのかもわからない、そればかりか5分先に上がっているのか、下がっているのかもわからない」という事実です。今は、大儲けではなく、低金利の銀行に入れておくよりも少しは増やしやすい、そして楽しめるという小銭稼ぎを目指しています。

チャートが通る2点を予想して、注文を入れておくだけなので、上下しながら延々に動くのですから、いつかは私の予想価格を通貨するだろうと気長にやっています。指し値だけ入れて、逆指値は入れてないので、塩漬けになることが多いですが、ロスカットされないだけ、資金に余裕を持っていれば、かなり離れていた価格が、知らない間に戻っていることもあるので、際限なく含み損が増えるわけでもないです。

動きが少ないので、しびれを切らして、自分の決めたルールを変更して損切りしたりしてしまわないように、あまり見ないようにしたりしています。見ないことや、損切りしないことは、「やってはいけないこと」とされているので、専門家から見たら馬鹿なやり方だと思います。

でも、ある一定の期間、自分の決めたルールで運用した結果を評価することも、大切なことらしいので、自分ルールをもうしばらく継続してみるつもりです。インフレ率を超えて、利益を出せるかどうかもわからないレベルなので、投資方法はやはり別に準備するべきだと考え、今はこれ以上の資金を入れるのはやめる方向です。他の資金については、株式の方で、またオリジナル手法を近々試し始めるので、ワクワクしているところです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ