金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

小額投資による商社銘柄について

小額投資でリスクを避け、キャピタルゲインも気にすることができる銘柄、それが商社銘柄です。商社銘柄でも単位元を100株単位で投資することが可能な銘柄が結構あります。実際には、巨大企業なので、だいぶ投資リスクは小さくできます。具体的な銘柄は、三菱商事が投資費用が21万円程度で配当が7000円程度となります。また,三井物産は,16万円程度で配当が6400円程度、住友商事は,13万程度で配当が5000円程度、伊藤忠商事も13万程度で4600円です。

いづれも巨大企業で,すべて年初来高値更新中の状況です。業績と今後の成長性から,まだ上値余地も十分あると思います。商社は,投資費用に対し配当がほぼリニアに支払われている感じがありどこを選択しても投資回収率は高い株ではないでしょうか。中長期投資で10年程度保有していると5~7万の累積配当となりますから,銀行の利息が期待できない昨今,一考の価値ありと思います。

投資信託も良いとは思いますが,人に運用を頼むのとは違い,中期計画や財務状況を確認することで会社経営に参加している気分が味わえ,キャピタルゲインも期待できるというギャンブル性が逆に株式投資の醍醐味かも知れません。また,実際に株主総会というものに参加しますとこのような大手企業はお土産を準備しており,総会の経営報告を聞いて配当の他に優待のようなお土産をもらえるという隠れた利点があります。東京在住の方は,総会めぐりでお土産ゲットツアーも楽しいと思いますのでぜひチェックしてみてください。結構高品質のお菓子や粗品をもらえるはずです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ