金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

情勢次第では枚数に関するルール変更が生じる

FXでは、たまに制限が発生する場合があります。制限と言っても種類は様々ですが、その1つが建玉の数なのですね。 実は私は数日前に、ある金融会社から制限に関する通知を受け取っています。といっても、特に私が何か問題行動を起こした訳ではありません。その金融会社のユーザー全体に対する、周知だったのですね。 どういう事かと言うと、あまり大きな建玉は保有できないようにしたとの通知です。

普段その会社では、比較的多くの枚数で売買をする事はできます。ところがその通知により、枚数の制限が発生する事になったのです。 ただしそれはずっと続くものではありません。一定期間内に限定される、枚数の保有制限通知という事になります。 なぜそのような制限が生じたかと言うと、恐らくリスクが高まるからではないでしょうか。実は金融業界では、たまにリスクが大きくなる局面があるのです。

と言うのもここ1ヶ月ほどの動きを見てみますと、確かにやや激しくなっている一面があります。普段であればせいぜい1日に1円くらいしか動かない外貨でも、2円や3円ほど動くケースが最近多発しているのですね。恐らくその理由の1つは、最近の情勢だと思います。最近は色々と世界情勢が不安定な一面もあるので、金融業界としてもそれを踏まえているのでしょう。不測の大きな動きで顧客に対する損失が多くなってしまうと判断し、枚数制限に関するルールが発生したのだと察します。

もっとも永久的に続く訳ではないので、私としては余り気にしていないのですが。 ただ肝心なのは、FXではそのような事例がある点ですね。ずっと枚数が固定される訳ではなく、上記のような情勢の変化などに応じて、たまに枚数制限に関するルールが発生する訳です。 それは多くの枚数で売買をしたい方にとっては、重要なポイントだと思います。人によっては10万枚や100万枚などで売買をする事もあるでしょう。その場合は、上記のような制限に関する情報には、アンテナを張っておくべきだと考えます。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ