金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

投資信託とFXを利回りの高さで比べてみた

投資関連の商品は、色々とあります。 ここ最近では、銀行などが投資信託をアピールしている事も多いと感じます。いわゆる銀行の窓口の方から、その商品を勧められた方も中には見られるようですね。 ところでその信託商品は、たまにFXと比較されているのです。ですので人によっては、どちらの商品の方が好ましいか迷っている事もあるのですね。

私は投資信託は、メリットが大きな一面はあると思います。プロの方に運用を任せることができるのですから、投資の初心者の方々にとっては、ある意味メリットが大きな商品とも言えるでしょう。 ところがその信託商品には、残念ながらデメリットもあるのです。必ずしも大きな利益が発生するとは限らない点ですね。 そもそも投資信託という商品は、全般的に安全度の高さを重視している傾向があります。

もちろん商品によってもリスクの大きさなどは異なるのですが、全体的にレバレッジを低く抑えているタイプが目立つのです。 このため信託商品の利回りなどは、全体的にやや低めになっています。かなり利回りが高い投資信託でも、年利が20%台になっている事も多いのですね。それでは少々面白くないと思う方も、中には見られるでしょう。 ところがFXの場合は、もう少し大きな利益が生じる可能性が大いにあり得ます。

というのもこの金融商品では、かなり大きなお金を動かす事になるからです。 この間私は、この金融商品で短期的な売買を行いました。もちろんリスクなどを上手く考えた上で、ちょっと取引をしていたのです。それで数日ほどで、10%ほどの利益が発生していました。もうしばらくその投資を続けていれば、さらに多くの利益が発生していた可能性があるのです。

このようにFXの場合は、やり方次第ではとても大きな利回りが見込める一面があります。状況によっては、年利100%などを超えることもありますが、投資信託の場合はそのような利回りは非常に少ないですね。ですので利益率という意味では、FXの方が良いとは思います。 ただその分FXの方が、リスクは大きくなりますね。やはりそのリスクをコントロールする事が、一番大切だと思う次第です。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ