金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

安全度を高める為には極力レバレッジを低めに

FXのコツの1つは、できるだけレバレッジを抑える事だと思います。その倍数が低ければ、基本的に大きな損失が発生する事は無いからです。 FXはレバレッジの高さは、確かにある意味魅力的だとは思います。特に海外の会社の場合は、その傾向が顕著ですね。日本の会社の場合は最大25までに限定されますが、海外に至っては1000倍近くになっている事もあります。

そこまで大きなレバレッジともなると、やはり短時間でかなり大きな利益が発生する可能性はあるのです。 ですが残念ながらレバレッジが高くなりすぎると、やはりそれなりにリスクも大きくなってしまうのですね。一歩間違うと、経済指標などで10万円や100万円ほどが吹き飛んでしまう事のリスクがあります。わずか数秒程度でそれだけの損失が発生するのは、やはり少々怖いですね。

それを考慮すると、私はやはりレバレッジを低くするのは大切だと思います。特にこの金融商品のデビューをしたばかりの方々は、やはりレバレッジをできるだけ低く抑える方が良いでしょう。あまり最初の内からハイレバレッジの取引を行ってしまうと、早い段階でマーケットから退場する事にもなってしまいかねません。大きなトラウマが生じる可能性があるので、正直高いレバレッジはあまりおすすめできません。

それよりもむしろ低いレバレッジで、FXというシステムに慣れる事自体が大切だと思います。慣れない内は、レバレッジを最大2倍程度に抑えるのが良いでしょう。どれだけ高くても、3倍程度に抑えるのが良いと思います。 ただ、そもそもそのレバレッジ自体がよく分からない方々も多いでしょう。さしあたってはシミュレーションというシステムを使ってみて、レバレッジの計算を始める事からスタートするのが良いですね。それが一番無難です。 それでレバレッジの計算をしてみて、それに見合った枚数の建玉を保有すると良いでしょう。それだけでもかなり安全にFXでの売買ができるようになると考えています。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ