金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

手法通りのFX以外は損失を避けるためにエントリーしない

勝てそうなときだけを選んでポジションを持たないと、一時だけ稼ぐことはできても生活を維持していくレベルで定期的な収入を得ることはできないから、FXの取引で大事なのはチャンスが来るまでじっと待つ忍耐力といえます。

これは頭の中で考えていても難しいもので、早くお金が欲しいと思うほど冷静さを欠いて良くないタイミングでポジションを持つようになってしまうのです。よっぽど投資の神様に愛されている人以外はそういった感情が要因で損失を被ってしまうことが多いため、事前に取引の細かいルール作りを決めておくのが勝者と敗者の分かれ目となります。

まだ取引するタイミングじゃないとわかっていてもついエントリーしてしまうのは、直感やひらめきなどの漠然とした手法だけで行っていることが多いからかもしれません。私が以前にこうしたどんなときでも取引画面の操作をしていないと落ち着かないポジポジ病に陥っていたときはまさにこの状態で、移動平均線がクロスしたからエントリーしようとかそういった単発のシグナルだけでやっていたのです。

でもFXは最初から最後まで気を抜かず取引しないといけないとわかってからは、エントリーの根拠だけでなくクローズまでの過程を考えた上で最終的な決断をするスタイルに変わりました。

そうしていくと不思議と今のチャートで勝てる取引ができるかどうか瞬時に把握できて、無理そうなときは小さいポジションで試し玉を持つこともなく次のチャンスまで慌てず待てるようになったのです。自分で手書きでつけている取引履歴を見返してみても、勝率と利益が上がってきたのはこの意識変化がきっかけだったことがわかります。

耐えると書くと苦行のように思うかもしれませんが、ピンポイントで攻めることが日常になればとりあえずエントリーしてみたいという気持ちが起きなくなり、次の動きがあるまでは少し休憩してリラックスしようという気分にさえなります。 自分の取引を見直してみて損失回数が多いと感じる人は自覚がなくてもポジポジしている可能性があるので、手法を今よりもっと細かいところまで考えてみると良くなるかもしれません。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ