金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

FXでスキャルピングをするなら時間を延長しないで的確に決済

資産を効率よく運用していくならどうしても短期取引でまわしてコツコツ枚数を増やしていくほかないと私は思っています。元からお金持ちなら資金をたくさん入金してポジショントレードをしつつスワップもいただくという方法もあるものの、それではFXのレバレッジの高さという最大の恩恵が得られないため私のような一般人だとスキャルピングで戦うしかないのです。

ただ、書店に置いてあるFX関連書籍などを見てもあまり短期取引のやり方を書いてある本は少なく無難な取引手法しか載っていないので、基本的にレバレッジを最大で利用するというということもあり最初はやり方のコツが掴めないかもしれません。 でも慣れるとこれほど素晴らしい資金効率の手法はないと感じてきますし、そんなスキャルピングの魔力に嵌ったらもうスイング以上のスパンの取引なんて一生預けるくらい永遠の長さに感じます。

手法も大切だけれど短期取引で守らないといけないことは保有時間をタイトにということなのではないでしょうか。スキャルピングを始めてから今までその点が常に重要だということはひしひしと感じています。短期のバイナリーオプションをやるような感じで、自分の中で既定の時間が来たら絶対に決済しようという意思を持たないといけないのです。 これは含み損がさらに増えていくことを避ける意味もありますが、含み益でも同様なので状況に関係なく次々スキャルピングを繰り返していくのが正しいやり方だと思います。

含み益ならまだ伸びる可能性もあるから決めていた時間を超えてホールドし続けてもいいんじゃないかという人もきっといるでしょう。でもこの先為替がどう動くかなんて誰にもわからないからすぐに含み損へと転換してしまうことだって考える必要があります。だからこれまで決済してきた平均利益よりも大きな含み益をつかんだからといってスキャルピングより長くホールドする手法に切り替えず、一度決済してそのホールドしようと思っていた時間でスキャルピングを何度も行うのが短期取引で勝つコツでしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ