金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

ボリンジャーバンドとRSIが私のFXトレードの武器

色々なブログを見ていると時間足より下で逆張りに使われることの多いボリンジャーバンドは、移動平均線の派生なのでやはり強いトレンドが発生しているときにマッチすると思うので、私はドルストレートの通貨ペアで愛用しています。クロス円ほど複雑に絡み合ってないからどちらかに偏った動きをしやすいのと、ドル円とユロドル以外でもそんなにスプレッドが広くないからストレート通貨ならどれでも合うかもしれません。

マイナスのラインにタッチしたら拾うという逆張りのスタイルとは真逆で、私は最初のマイナス1シグマはその方向へ勢いが加速する場所だと考えて売りポジションを持っています。ボリンジャーバンドの傾き方にもよるものの、トレンドを意識してその方向にフォローするならあまり迷わず信じても大丈夫だと経験上感じているのです。逆張りで使う人はおそらくレンジ内でほとんど動きがない状況の中、頼りにするラインと見て使っているのでしょうし、きっとどちらの見方が正解というのはないと思います。

トレンドフォローで勝負する私のようなやり方でも一般的な逆張りボリンジャーバンド愛用者と共通しているのは、オシレーターの代表ともいえるRSIを同時に見て注文を出していることです。これは価格が進んでいったときさらに伸びると考えて追加ポジションを持つか、それとも一旦手仕舞いして様子を見るかという判断の大きな決め手になります。トレンドに乗っていくときの弱点が天井もしくは底値で助かる見込みの薄いポジションをつかんでしまうことなので、RSIがないと勢いの強弱がわからなくて取引をするのが怖くなってしまいます。

だからボリンジャーバンドでまだ動いている方向に余裕があったとしても、RSIで危険信号を出していたらスクエアのままでいることを心がけています。FXは一度止まっても横横で力をためたあと同じ方向に動き出しやすいから、またそんなときに改めてポジションを持てばいいのです。トレンド系とオシレーター系でテクニカル分析のランキングを作るなら、個人的にはこの二つをそれぞれ上位にランクインさせたいくらい気に入っています。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ