金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

週明けにFXで最初に行うトレードは窓埋め狙い

曜日ごとのボラティリティ変化ゆえにFXは週末ばかり注目していて、週明けは欧米の相場が動き出すまで慌てずチャートだけ見ているという人が多そうですが、月曜しか存在しない取引手法もあるので気になった人はやってみるといいかもしれません。その方法とは前の週からの為替相場のギャップで、日本では窓と呼ばれることの多い空白地帯を利用した逆張り手法です。

この株式相場でよくある現象は平日ずっと動いている為替相場では珍しいせいか、値が飛んだ部分を埋めるような動きをすることがあるのでこのテクニカル分析を無視した手法で月曜初回のトレードをする人が結構いるのです。 自分でやってみて検証したことがあるけれど、直近の為替の動きから見て明らかに窓が広いときは狙ってみる価値があると感じました。日本の業者が取引を開始するころには、海外で先行して表示されているレートが前の週と縮まってきて、窓がほとんどないこともあるからそういうときはやめたほうが良いです。

私がFXで窓埋めを狙う条件はスプレッドが平常運転かつ窓の方向がトレンドと逆行しているというのは外せませんが、これを満たしていればすぐ取引したいので月曜の朝はオープンと同時にパソコンの前にいられるよう早起きしています。 成功率としては大体半分あればいい感じでしょうか。窓埋め専門でブログを立ち上げている人もいて、いつも見ていると私と同じくらいなのでそんなものかもしれません。

でも失敗イコール損失というわけじゃなくて、私の中では一定の幅のpipsが取れないとリスクに対してうまみがないと思っているから、1桁pips程度の微益なら私の中では成功に数えないことにしています。なので、運の要素が強いのにも関わらず損失は少ないから狙っていけますし、大きく取れればラッキーという感じでその週の始めの運勢を占うおみくじ的な感覚でトレードしているのです。この手法を使うなら全部の窓を埋めるまで待たず撤退できる腹八分目で満足できる性格の方が向いていると思います。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ