金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

変動の激しいポンド円なら相場を楽しみながらFXで稼げる

ポンド円はたまにテクニカル分析で読めない急な動きに翻弄されることがあるものの、基本的にはそういった動きも含めて上下に暴れまわる楽しい通貨ペアなので私は取引していて楽しいです。暴れ馬を乗りこなそうと頑張るとすごくやりがいがありますし、一日で1円以上変動することもザラだから利益が大きくなるのもいかにもFXらしくて魅力的だと思います。

ただ、噂に聞いていたとおり最初はドル円と違って玄人好みの通貨ペアという感じで、あまりにも凄まじく動く様はさすがかつての基軸通貨といった印象でした。発注画面でユーロ円を買おうとして間違えてひとつ下のポンド円をポジってしまったのがポンド様との出会いですが、何度も取引していくうちにどういうとき一気に動き出しそうだという予測ができるまで使いこなせるようになったと思います。

この通貨ペアに慣れると他の相場がぬる過ぎてあくびが出てしまいます。ドル円なんかはポンドの要素がないだけなのにとまって見えますし、初心者向きとして広く知られているドル円が私にとっては逆に難しく感じるときがあるのです。普通はボラティリティ面とレンジ相場になりやすい特徴からスキャルピングで取引されることが多いと思いますが、私はあえて急な相場変動に乗ったトレンドフォローでポンド円とつきあっています。

大きく放たれた長く美しいローソク足はポンドじゃないとなかなか見られないでしょう。こんな芸術性もFXをするときのモチベーションを保つのに必要だということを、他の通貨ペアを触ってみたときに気がつきました。 昔はレートの暴れっぷりと同時にスプレッドの広さが特徴だったと思うけれど、最近は一時期に比べればどちらも落ち着いてきた感があって、特にスプレッドはどこの業者もかなり狭まったんじゃないでしょうか。

スキャルピング好きが愛用する小数点以下3桁のところでなくても昔のユーロ円くらいにはなってきたから、スプ狭業者だけに絞り込まずその他の点も加えて総合的に口座を選ぶ選択肢が増えたと思います。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ