金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

これからのFXは押し目買いの上手さで勝負が決まる

約10年ぶりにFRBが利上げを発表したことで今までのドル高にさらに拍車がかかりそうなので、FXでドル買いするときは基本的な方法を忘れずに取引するのが安定しそうです。そのやり方とはやはり、一旦相場が落ち着いたあとの押し目買いでしょう。どんなに上り調子でも必ず限界が来て下がってくるので、最初の勢いに乗り遅れたり追撃したりするときなどはそこで仕込むのが良いタイミングだと思います。

こういった相場のときは直近の高値を突破したのと同時にロングを持ちたいと思うかもしれませんが、少しでもリスクを減らして利益を求めるならもっと早い段階で買いを入れる根拠の持てる押し目が一番なのです。 ただ、どこまで押したらエントリーするかという基準は人によって違うこともあり、明確な答えがないため迷いやすいのがこの取引手法の難しいところなのかもしれません。

目測で直近の安値と高値を見て、その半分辺りまで下がってきたらエントリーする人が多いでしょうけれど、為替は一旦伸びたら同じ方向に進みやすいのでもっと早く仕込めれば上級者と呼ばれるトレーダーになれます。そのためには半値ではなく三分の二程度まで落ちてきたところを拾うと成功しやすいと私は経験的に感じます。 目安にしやすいのは投資の世界でも愛用者の多いフィボナッチの黄金比でしょうか。

細かい数字は省くとして、これが大体三分の二に近いのでチャートソフトでリトレースメントを引くとどこなのかすぐにわかります。このとき大事なのは、押し目と予想しているラインに触れる直前にエントリーしておくことで、その後どちらに動いても判断が楽になるからある程度先走っても構わないと思います。

フィボナッチで見つけたラインのすぐ下をストップにしていれば傷が浅くなりますし、うまく成功したら大きな利益が得られるからです。 他にもストップを設定しやすい手法を持っているならフィボナッチでなくても同じなので、FXをするときは何か根拠を持っておくことが大切です。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ