金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

スプレッドの狭い業者ならFXの実質的な手数料が少なく済む

FX投資で大金をつかむために必須なことに優先順位をつけるとしたら、どんな人でもスプレッドの狭さは上位に食い込んでくるくらい大切なことだという認識があると思います。最初はキャッシュバックなどに心を動かされてつい使う業者を決めてしまう人も多いでしょうが、長く続けるならキャッシュバックの額程度なら積み重なったスプレッドの合計額に到底及ばないといっても過言ではないのです。

ここ数年はストレート通貨でかなりスプレッドが縮小してきてドル円はもうこれ以上ないくらいに狭くなったと実感させられます。でも、最終的に億を目指すならボラティリティの高いクロス円を取引するのは避けて通れませんし、まだまだ各社でバラつきのあるクロス円で比較すると良い業者が見つけやすいです。 ドルと並んで身近なユーロ円で見ていくとわかりますが、ドル円のスプレッドが狭いところでも他社より広くとっている業者は意外に多いのです。

だから、大抵の宣伝文句のドル円がスプレッドいくつという言葉だけを見ないで、自分が取引したい通貨ペアをチェックしておきましょう。円以下の単位だから誤差に思う人もきっと多いかもしれないけれど取引をすればするほど一緒に増えていくため、ここだけは妥協は許さないようにすると最終的に手元に残る額がかなり違ってきます。私の個人的な経験則で言うと、クロス円のレートの小数点以下を第三位まで出しているところはスプレッドの縮小に力を入れていると感じます。

レバレッジは自分でコントロール可能でもスプレッドはそうもいかないから、実質的な手数料をどれだけ減らすかが勝つための鍵になるのです。さらにこだわるなら重要指標の最中でも安定してレートを提示している業者を選ぶとさらに稼げるでしょう。ただ、FXは雇用統計レベルの指標だと注文が通りにくくなる可能性も考えないといけないので、そんなときは一定の幅を維持しているより一時的にスプレッドが広がっている業者のほうが私は好きです。指標で広がる業者だと約定率では上ということが多いため、滑らず狙ったところで約定できるのはこういうとき例外的に重要度が上回ります。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ