金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

最近では高金利な外貨などを敬遠するようになった

ここ最近の私は、スワップ金利を意識するようになりました。ただしその金利の高い外貨を求めている訳ではありません。むしろその逆なのです。 金利が高い外貨には、確かに受け取れる利息に関するメリットなどはあります。ですがその反面、逆のデメリットもあるのですね。売り玉を保有している時に、損失が生じる可能性がある点です。 そもそもFXでプラスの金利が発生する時は、たいてい買いの玉を保有している時です。

売りの玉を保有していると、逆に金利を支払う事になってしまう訳ですが、その金額が軽視できないのですね。 ここ最近では、私はそこそこ長い間にわたって建玉を保有するようになりました。ですのでロールオーバーなどのタイミングを迎えるケースも、最近は増えてきたのです。

その時に売り玉を保有していると、高い金利を支払う事になってしまいます。その積み重ねの金額が、決して軽視できない訳ですね。 ですので最近の私は、むしろプラスの金利が生じる外貨は、あまり魅力的ではないと感じています。そうではなく、あまり金利が発生しない外貨の方が望ましいですね。

例えば米ドルやユーロなどの外貨は、いわゆるメジャーなタイプに相当するでしょう。そのタイプの通貨の場合は、たいていは金利も低めに設定されている訳ですね。そして売り玉を保有していても、それだけ利息によるマイナス分を抑える事ができます。とりわけユーロなどは、かなり金利が低めになってきますので、個人的には好みの外貨の1つになります。 思えば私がFXを始めたばかりの頃は、むしろ高金利の外貨に対して興味を覚えていたものです。

前日のように、金利が高さが軽視できないからです。しかし最近の私はやり方もだいぶ変わってきましたし、もっとアクティブに売買をするようになってきました。その影響で、むしろ金利はあまり望ましくないと思うようになったのですね。FXでの取引のやり方が変化すれば、考え方も大きく変化するものだと最近考えています。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ