金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

果たしてFXでは金融会社から督促の郵送物は届くのか

金融商品によっては、会社から書面が届くことがあります。投資関連の商品でも、書類が届くことがあるので要注意です。 とりわけ注意を要するのが、先物取引という商品です。いわゆる貴金属の金や原油などを用いての商品になりますが、それで大きな損などが発生してしまいますと、郵便物が届くことがあるので要注意です。 先物取引の場合は、たまに借金が発生してしまいます。

その商品で売買をする為にお金を預けたものの、売買のやり方次第ではマイナスになってしまう事があるのです。 例えば先物の取引の為に、100万円を預けたとしましょう。ところがその商品でマイナスになってしまって、金額が150万だったとします。この場合は、先物の会社に対して50万円の借金が発生している訳です。そのままでは先物の会社が困ってしまいますので、郵送物が届くケースが多い訳ですね。

いわゆる督促の為の郵送物になります。 ところでFXという商品にも、やはり同様なリスクがあります。少なくとも外貨に動きがある商品なので、万が一の元本割れなどが生じる可能性もゼロではないのですね。 そのような時に気になるのが、やはり上記の郵送物ではないでしょうか。家族からそのような書類を見られたくないと思う方々も、多いと思います。 ではこのFXという商品では郵送物が届くかと言われれば、その確率は極めて低いです。

実際に私もこの商品で、何度か売買をしています。それで何回か含み損が発生してしまった事もありますが、そもそもFXには強制損切りというシステムがあります。万が一の借金などが発生しないように、そこに届くまでに損切りされるケースがほとんどなのです。ですので私の場合は、今まで一度もその金融会社から書類などが届いた事がありません。

損をした事は数限りなくありますが。 ですので先物と違って、基本的にはそれほど損失などは気にしなくて構わないでしょう。強制的な損切りで損失を最低限に抑えてくれるFXのシステムは、やはり理に適っていると思います

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ