金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

口座を作る時には投資をしていた年数の長さが重要視される

私は、今までにFXの審査を何回か受けています。今まで様々な会社の口座を作りましたが、その度に審査を受けている状況なのですね。 ところでその審査には1つ特徴があって、私の場合は今までに不合格になった事が無いのです。私の場合は特に収入が安定している訳でもありませんし、取り立て大きな資産を持っている訳でもありません。にもかかわらず、なぜか今まで一度も審査落ちになった事は無いのですね。

なぜ私がその審査に落ちていないかというと、恐らく経験の問題だと思います。なぜなら私の場合は、その金融商品で何回か売買をしている状況なのですね。 私がその金融商品に興味を持ち始めたのは、今から8年くらい前でしょうか。売買の回数もそこそこ多いので、ある程度の経験がある事だけは確実です。

ところでFXの会社としては、申込者のリスクの理解度を気にしている事が非常に多いのですね。リスクの理解度が曖昧だと判定されてしまうと、その金融商品で口座を作るのが難しくなってしまう事はあります。少なくとも元本が保証されている商品でない事だけは、しっかり頭に入れておく方が良いでしょう。

もちろん私は、その商品は元本は保証されているとの認識を持っていません。むしろかなりハイリスクな商品だと考えています。恐らくFXの会社は、それを間接的に評価していたのではないでしょうか。リスクの理解度が高い方々の場合は、比較的審査に通りやすいからです。

つまりこの金融商品の審査では、「投資経験の年数」が基準の1つになっている訳ですね。ですのでFXの経験が長い方などは、その商品での審査に通りやすい傾向があります。 ちなみにここでの投資とは、何もFXだけではありません。いわゆる先物取り引きの商品などの経験があれば、それも口座を作れるか否かの審査に影響を及ぼします。

ちなみに経験の年数は、年齢をカバーする事もあります。高齢の方々の場合はFXで口座を作るのが難しい事がありますが、投資経験が長いと、あっさりと審査に通ることもあるからです。 ですのでこの投資商品では、経験の長さはかなり重要なポイントと言えるでしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ