金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

例年通りのクリスマスの動きになっている今年の外貨

本日の昼頃ですが、ある方がFXに関して興味深いことを話していました。とても動きが激しいとの話です。 実際確かに、先週の末などは動きが少々激しかったように思います。一日で3円近くもの下落が生じていた訳ですから、確かに大きい方だと思いますね。それで上記の方の、びっくりしていました。あまりにも動きが大きすぎるので、初心者の方には非常に難しい相場とコメントしていたのです。

しかし私は、その方の意見には全て賛同できない一面もあります。なぜなら、必ずしも動きが激しいとも断言できない一面があるからです。 というのも現時点では、年末になっているのですね。年末になりますと、このような動きはよくあるのです。 実際去年も、全く同じような動きがありました。昨年のクリスマス近くのシーズンなどは、外貨の動きがかなり激しかった事だけは確実でしょう。あれで昨年は、大慌てになっていた方々も多かったと思います。 しかし私から見ると、昨年の動きも極めてオーソドックスだったと思うのです。

というのも年末になると、そのようなケースは案外珍しくないのですね。先週の末も動きは少々大きかった訳ですが、毎年の年末のパターンを考えますと、結局はいつも通りの動きだったとも考えられる訳です。 なぜFXにて年末に上記のような動きになるかと言えば、やはり取引の量がとても少ないからです。やはりその量が少なければ、全体的に動きが不規則になりがちなのですね。それで突然に大きな動きが生じてしまうケースも、決して珍しくありません。

実際FXの会社としても、よく公式サイトなどでそれを明示しているでしょう。重要事項の欄などに、取引量があまりにも少ない時には、かなり大きな動きが生じる可能性があると書かれているケースが目立ちます。クリスマスなどのシーズンは、その一例になっている訳ですね。 ですので私は上記の方の意見には、やはり全て賛同できない一面はあります。ただクリスマスのシーズンには、やはり建玉を保有しない方が良い事だけは確実です。慣れない内は、そのシーズンには何もしないのが良いでしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ