金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

外貨預金よりもハイリターンな売買ができる

外貨を用いる金融商品は、色々とあります。その中で知名度が高い方は、外貨預金ですね。 思えば最近では、銀行などでも外貨預金をアピールしている事が多くなってきています。銀行の窓口などに行きますと、その商品が大々的にアピールされている事も、決して珍しくありません。また銀行のホームページなどでも、最近は外貨預金が宣伝されている事例が目立ちます。

ところでFXは、よくその預金商品と比較されるのですね。そして多くの方々は、預金商品よりはFXの方がメリットが大きいとコメントしています。実際私もその通りだと考えます。 なぜ多くの方々は外貨預金よりもFXにメリットを感じているかと言うと、レバレッジに関する魅力があるからです。それでかなり多くのお金を動かせる点に、メリットを感じている方も多いです。

そもそも外貨預金の場合は、レバレッジなどはできるだけ低く抑えなければなりません。基本的には倍数1倍に限定されるのですが、口座に多くのお金を預けておけば、さらにレバレッジを減少させる事は可能です。 ところがFXの場合は、もっとそれを高くする事ができるのです。少なくとも上記のような1倍での売買を行っている方は、ほとんど見られません。基本的には、25倍程度で売買を行っている方々が目立ちます。

レバレッジが低いのはメリットが大きいように思われるかもしれませんが、そもそも倍数が低すぎるとあまり多くのお金を動かす事ができません。それどころか、かなり限定されてしまう事が多いのですね。 ところがレバレッジが高めになっていると、かなり大きな利益が発生する可能性もあります。

もちろんリスクなどは高めになりますが、それを上手くコントロールする事ができれば、高いレバレッジの方が望ましいとの意見も目立ちます。 つまりFXの方は、外貨預金よりは面白味がある売買ができる訳ですね。それを考えれば、やはり預金商品よりはFXの方がメリットが大きいと思います。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ