金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

建玉に対する思い入れが強すぎると損切りが難しくなる

FXで売買をしている方々は、たまにメンタル面で悩んでしまっています。その理由の1つが、1つの建玉に対して思い入れが強くなりすぎてしまうからです。 この金融商品での売買の為には、もちろん建玉を保有する必要はあります。そして人によっては、かなり熟考してしまっているのですね。よく考えた上で建玉を保有する訳ですが、その分思い入れも強くなってしまう訳です。 ところでFXでの建玉では、含み損が発生する事もよくあります。

そして上記のような強い思い入れが入っている玉の場合、含み損の時にはあっさりと損切りするのが難しくなってしまう事があるのです。なぜなら思い入れが強すぎるからです。 1つの建玉に対する思い入れが強いと、なかなか決済が難しくなってしまうものです。かなり長い時間かけて考えた訳ですから、その建玉を決済するのは少々悔しいと思うケースも見られる訳ですね。

それで迷っている間に、だんだんと含み損が拡大してしまう場合があります。最終的にはロスカットになってしまって、大きな損失が確定している事例も見られる訳です。もちろんそれは良くないでしょう。 なぜ上記のような状態になってしまうかというと、やはり思い入れの問題です。あまりにも思い入れが強すぎると、やはり損切りが難しくなってしまう訳ですね。 それを防ぐ為には、あまり1つの建玉に対して思い入れを強くし過ぎないのが大切です。

むしろあっさりと損切りできるほど、軽い気持ちで建玉を保有する方が望ましい一面もあります。 ただしそこまでたどり着くのは、ある程度の時間投入は必要になるでしょう。初心者の方々がそれをやろうと思っても、少々難しい一面もあります。 思い入れを持たずに建て玉を保有できるようになるまでには、かなりの売買回数も必要になります。

つまりベテランの方々ほど、あまり建玉に思い入れを持っていない訳ですね。 何せ損切りは、FXでは非常に重要なポイントです。それをあっさりと実行できるようになる為にも、あまり深く考えないのも大切でしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ