金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

昔に比べると小ロットでの売買ができる会社が増えてきた

近頃のFXには、ちょっと独特な特徴が見られます。枚数が少ない売買が可能になってきているのですね。 実は一昔前は、この金融商品ではかなり多くの枚数が求められていました。金融会社によってもその数値は色々ですが、原則として1,000枚以上での売買が求められていたのですね。

実は1,000枚という数字も、決して低いものではありません。現時点での基準から比べると、むしろやや高い数字だと個人的には考えています。 ですがある時から、100枚単位で売買ができる会社が出現しているのです。それくらいの枚数の会社となると、リスクをかなり低く抑える事ができます。何せ外貨が1円くらい動いても、せいぜい100円くらいの損失にしかなりません。もしくは利益になるのです。いわゆるローリスクローリターンの商品という事になります。

しかし100枚単位では終わりませんでした。さらに時期が経過すると、今度は1枚単位で売買ができる会社も出現しているのです。その会社も、かなりローリスクローリターンであることは確実でしょう。もっとも上記の100枚単位の会社に比べると、手数料が少々割高にはなるのですが。どちらにしても、メリットが大きな商品だとは個人的には思います。 このように枚数が少ない会社がいくつも登場している訳ですが、私はその理由は取引をしている方々の特性が一因だと思います。というのもFXという商品は、もともとは大口の売買を行う方々が対象だったのですね。

いわゆる銀行の証券マンなどが売買を行っている方も多かったのですが、その場合はもちろん枚数も多くなってくるでしょう。銀行などでは、相当な枚数での売買が行われている傾向があります。 ところが個人での売買となると、そこまで多くの枚数での売買をしない傾向があります。むしろ小ロットでの売買の方が、助かる一面があるのです。ですので次々と上記のような業者が出現したのだと思います。つまりFXという商品は、最近は個人向けの方向にシフトしている訳ですね。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ