金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

RSIは数字だけに着目せずトレンドも分析をする

FXには様々なツールがあるのですが、その1つはRSIです。いわゆる過熱感などを察知したい時には、とても便利なツールの1つともいえるでしょう。 そのツールを用いて売買をしている方々は、一般的には30などの数字に着目している傾向があります。そのツールで30になった時には、総じて売られすぎの状況になっている事が多いのですね。売り過剰な状況なのですから、もちろん買い玉を保有するのが望ましい一面があります。逆に70を指し示した時には、もちろん売り玉を保有するのが望ましい事になるのです。

ところでそのツールを用いる際には、単純に上記のような数字だけに着目しない方が良いでしょう。というのも30や70の数字よりも、むしろトレンドの方が大きなポイントになる事が多いからです。 そもそもFXでローソクを見る時には、必ずと言って良いほど全体のトレンドに着目する事になるでしょう。そのトレンドの動きは、やはりこの金融商品では大切なポイントの1つですね。

ところで前述のRSIというツールにも、全く同じことが言えます。それは線グラフによって描かれている訳ですが、そのグラフがどちらの傾きになっているかは、よく確認をする方が良いと思うのです。 例えばそのRSIのグラフを見てみて、何となく上昇基調になっているとします。そのような時には、やはり買い玉を保有する方が望ましい一面があるのですね。逆にグラフが下落基調になっている時にも、売り玉を保有するのが望ましい事が多いです。

つまりそのグラフがどちらの方に進もうとしているかを、よく見極めてみると良いでしょう。単純に70や30だけの数字にとらわれてしまいますと、大局観を見過ごすことになってしまいます。それでは余り良くないですね。 そうではなく全体的な動きは、どちらの方向に進もうとしているかは、よく見てみる方が良いと思います。ローソクを見る時にもトレンドは大切なのですが、RSIもほぼ同様という訳ですね。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ