金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

空売りでのヘッジが可能なので株よりはメリットが大きい

FXと株式投資は、よく比較される傾向があります。いわゆる情報サイトなどでも、その2つの金融商品が比べられている事も多いのですが、私は個人的には前者の商品の方が良いと考えています。なぜならその商品は、ある程度リスクを抑えられる可能性があるからです。 まず株式投資の場合は、売るのが少々難しい一面があります。基本的にその投資商品では、株券が値上がりするのを待つことになる訳ですね。

実際株の情報サイトなどを見てみても、全体的に「買い筋」などの表現が用いられている傾向があります。つまり、それは多くの方々が株券は買うべきものだと考えている訳ですね。 どういう事かというと、株式投資というのは売りから入るのが少々難しい一面があります。CFDという商品ならば話は別なのですが、株の場合は基本的には買いから入ることになるのです。いわゆる空売りが難しい商品という事になります。

株式投資で売りから入るとなると、いわゆる信用取引などを行う事になるでしょう。しかしそのタイプの商品の場合は、ハードルが少々高い一面があるので、なかなか始めるのが難しい傾向があります。 ところがFXなど外貨を用いる商品の場合は、空売りなどは簡単に行う事ができます。ですので、それによってリスクを抑えられる事もある訳ですね。 株の場合は買いから入るのが前提になる訳ですから、一般的には下がってしまうと大変なことになります。

しばらくの間は、株券を塩漬け状態にしなければなりません。その分リスクが高まってしまう可能性があります。 ところがFXという商品の場合は、前述のように空売りを仕掛けることができる訳ですから、たとえ下がったとしても利益が発生する訳ですね。ですのでたとえ下がったとしても、空売りによってリスクヘッジをする事ができる訳です。

それは少々難しいテクニックの1つではありますが、慣れてしまえば非常に簡単ですね。 そのようなヘッジができる事を考えれば、株よりはFXの方がメリットが大きいと思います。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ