金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

高値掴みや谷底での売りなどは誰もが通る道

FXでは、たまに失敗をしている方が見られます。いわゆる金融トレーダーの方は非常に多く見られる訳ですが、中には思わぬ局面で売買をしている方も見られる訳ですね。それで大きな損が生じている事例もあるので、やはりタイミングなどは大切だと思う次第です。 どういう事かというと、この金融商品では谷底や山の頂上などがあります。

例えば上昇基調になっていたとします。そして上昇というのは、ずっと継続するものではないのですね。必ずどこかのタイミングで、一度は頭打ちが発生する事になり、その後は下落するケースがほとんどです。つまり頭打ちになった局面が、いわゆる山の頂上という事になります。 それは上昇基調の時だけで無く、下落基調も同様ですね。やはりずっと下がり続けるものではなく、どこかのタイミングで上昇が発生する事になるのですが、それでいわゆる谷底が形成される事になります。

ところで谷底や山の頂上などは、多くの方々が失敗しているポイントの1つなのです。なぜならそのタイミングでは、多くの方々が売買をしている傾向があります。 山の頂上の局面になりますと、まだ上がるのではないかと思ってしまう方々も多いのです。それで頂上で買ってしまった結果、突然の急落で大きな損失が発生している事例が多々見られます。また谷底も同様ですね。その局面で売りの玉を保有している方も、非常に多く見られる訳です。そのような失敗をしてしまいますと、自分はまだまだ修行が足りないと思ってしまうかもしれません。

しかし実は、それは当たり前の事でもあります。実はデイトレで売買をしている方々の多くは、上記のような経験をしている事も多々あるのです。 私も知り合いのFXのトレーダーは、日々デイトレを行っている訳ですが、上記のような局面を何回も経験しています。高値掴みなどは、ほとんど日常茶飯事だそうです。 ですので高値掴みなどで損が発生したとしても、あまり気に病む必要はないでしょう。誰もが一度は通る道なので、それはある意味当たり前だからです。 肝心なのは、あまり多くの建玉を保有しない事ですね。それで大損失になる事も、多々あるからです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ