金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

経済指標で売買をする時には成り行きよりも指値の方が良い

FXという商品には、いくつかの稼ぎ所があります。その稼ぎどころを見過ごさないようにすれば、案外と大きく稼げる商品だと思うのですね。 具体的に申し上げると、アメリカの失業率などに関わる数値などは、やはり軽視できないと思います。なぜならその数値は、うまく行けば非常に大きく稼げる可能性は秘めているからです。 ところでそれには、1つコツもあるのです。あまり成り行きでの売買は、しない方が良いと思います。

なぜなら成り行きでの注文をしてしまいますと、自分が希望するレートで購入できない可能性があるからです。 失業率が発表されるタイミングでは、外貨は非常に大きく動く傾向があります。例えば失業率が発表される直前のタイミングでは、レートが120円になっていたとします。ところが発表された直後には、それが121円などに上昇する事があるのですね。

1円もの上昇をしている訳ですから、さすがにそろそろ空売りを仕掛けても良いタイミングとも考えられるでしょう。ところがその121のタイミングで成り行きの注文をしようと思っても、難しい事が多々あるのですね。なぜなら、あまりにも動きが大きすぎるからです。 上記のような急激な動きが発生しているタイミングで成り行きの注文をしようと思っても、正直反射神経がついて行かない一面があります。それで時には、120.5円などのタイミングで売り玉を保有しなければならないケースもあります。

0.5円くらい動くのは、FXでは決して珍しくないのですね。それでは、かなり安いレートで売り玉を保有しなければなりません。誰しもそれは避けたいですね。 しかし指値のような方法となると、話はまた異なってくるのです。もしも私ならば、少しづつ売り上がっていくような指値をしかけると思います。それでIFD注文などと併用すれば、かなり大きく稼げる可能性を秘めているからです。 FXで経済指標で稼ぎたいと思うなら、基本的には指値を仕掛ける方が良いと思いますね。その方が無難な売買ができる確率がアップすると思うからです。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ