金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

担保商品で高額なお金を借りて投資をするのは妥当か

FXでの売買を考えている方々は、たまにお金を借りようと思っています。つまりどこかの金融会社から融資を受けてみて、その資金を元にお金を増やそうという考えがある訳ですね。 私は確かに、その考えは決して悪くないと思います。何せお金を増やす事ができる可能性があるのがFXなのですから、少し多めなお金を借りて資産を増やすという考え方も、一法だと思っています。 ただその方法でお金を増やすとなると、やはり返済が可能か否かの問題が浮上する事が多いですね。

なぜならば、利息だけで返済が終わってしまう可能性もあるからです。 例えば多くの資金を確保できる融資商品の1つに、不動産担保ローンがあります。いわゆるマイホームなどを抵当に入れるタイプの方法なのですが、あれは確かに大きなお金を確保できるメリットがあるのですね。その担保商品の場合は、会社によっては1億円以上の融資を受けられる場合があります。 ちなみにキャッシングなどの場合は、そこまで多くのお金を借りるのは難しいですね。ですがその不動産物件を用いる商品の場合は、かなり多くの元手を確保できる訳ですから、それだけ大きく稼げる可能性もあります。 ところが1億円もの融資を受けるとなると、返さなければならない金額も相当なレベルになるのです。

例えば1億円を借りた時で、年利が2%前後だとしましょう。その場合は、1年間につき最低20万円の返済が必要になります。その数字は一見簡単なように見えるのですが、決して簡単とは断言できない一面があるでしょう。むしろその20万円を失ってしまう可能性もあるのです。 またFXという商品は、当然ですがリスクが存在します。ですので一歩間違うと、1億円もの借金が発生してしまう可能性があるのです。

それはとても怖い事だと思います。 ですので私は個人的には、不動産担保ローンでFXの投資をするのは、あまり良くないと思うのですね。お金を借りて資金を増やそうと思うより、むしろ自分のお小遣いを増やす程度で売買する方が、ずっと気楽だと思う次第です。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ