金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

証券会社でFXの口座を作成する時の流れは2段階

FXという商品で売買をする場合は、もちろん口座を作る必要があります。そして口座を作るタイプの会社には、主に2種類あるのです。その外貨商品の専業のタイプと、証券会社の2種類になります。 もちろんその2種類の業者は、色々とシステムなども異なっている訳ですが、やはり一番大きいのが総合口座の存在だと思います。後者の証券会社の場合は、必ず総合タイプの口座を作る必要があるのですね。

まず前者のタイプの会社の場合は、いわゆる総合タイプの口座などはありません。FX専業である以上は、2つ以上の口座を設置しておく必要も無いからです。ですので、口座開設の手続きは非常にシンプルです。 ところが後者のタイプの証券会社の場合は、2つ以上の口座を作らなければならないケースがほとんどなのですね。どのような流れになるかというと、まず第1段階では証券会社に対して連絡をします。

すると、まずその会社で総合口座を作りましょうと伝えられる事になるのですね。もちろん、そのために証券会社に対して様々な情報を伝達する事になります。 そして第2段階では、証券会社による審査が行われる事になるのです。それはFX専業の会社と、ほぼ同じですね。 第3段階では、証券会社での総合口座が作成される事になります。もちろん第2段階での審査に通っている事が、前提になる訳です。

そして、それで終わりではありません。証券会社にてFXという商品で売買をしたい場合は、必ずFX専門の口座を作る必要があります。というのも証券の会社の場合は、複数のタイプの商品を取り扱っているのですね。証券や株など様々な商品がある訳ですが、FXもその1つという事になります。もちろんそのFXの口座を作る時にも、審査が発生する事になるのです。

したがって、証券会社では二段構えになる訳ですね。総合口座というものの存在がある事により、手続きは少々複雑な傾向があります。 ただ証券会社の場合は、FX専業の会社に比べると、手続きは意外とスピーディーな一面もあるのです。実店舗で口座を作れる会社の場合は、案外と早く口座を作れるケースも珍しくないですね。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ