金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

損失に関わる責任の全ては業者ではなく自分に帰属する

FXというのは、とにかく自己責任の世界になります。誰かが責任を取ってくれる訳では無く、全ての責任は自分に帰属されるのが、この商品の大きな特徴の1つなのですね。 そもそも投資関連の商品のほとんどは、たいていは自己責任になります。いわゆる株券などで売買を行う時にも、ほぼ全てが自分に責任が帰属される事になるのです。 株券の場合は、もちろん値上がりを待つことになります。

1万円で買った株券が12,000円などに上昇してくれれば、2,000円分の利益が生じる事になるのですね。もっとも実際には、手数料などが差し引かれる事になります。 ところがその株券は、必ずしも上昇するとは限らず、時には下落してしまう可能性もあるのですね。FXもそれは同じです。それで例えば、一万円の株券が9,000円になってしまった時には、差し引き分の1,000円分の損失が生じる事になるのですね。このような損失になってしまった時は、全ての責任は自分に帰属しています。

証券会社が悪い訳でもなく、その株券の会社が悪い訳でもありません。あくまでも株を保有している自分自身に、大きな責任が帰属している事になるのです。 ですので例えば上記のような1,000円分の損が発生したからと言って、証券会社にクレームの電話を入れるのは、見当違いになるでしょう。全ての責任は、自分にある訳です。 そしてFXに対しても、上記のような話はそのまま当てはまることになります。ですのでFXのコールセンターに電話をしても、全く意味がありません。責めるべきは自分自身という事になります。

ちなみにそれらに関する話は、必ずと言って良いほど金融会社のホームページにも明示されています。至る所にその内容が書かれていますので、よく読んでおく方が良いと思いますね。 全ての責任が自分に帰属する以上は、やはり勉強は非常に大切だと思います。勉強を徹底して万が一の損失が発生しても問題無いように、色々と手を施すことは大切でしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ