金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

超短期のスパンなのに口座を凍結された事はない

FXの会社では、スキャルピングなどのやり方を敬遠している事が多いようです。実際一部の金融会社では、そのやり方で売買をしている方々に対しては、色々な措置を施している事が多いようなのです。 例えばある会社の場合は、基本的にはスキャルピングは禁止になっています。

ですのでその金融会社で口座を持っている方々の場合は、スキャルピングが発覚した時には、凍結になってしまうケースがあるのです。口座が使えなくなってしまえば、やはり困りますね。 ところで私も、実はスキャルピングに近いやり方で売買を行っているのです。ある日本国内の業者で口座を保有していて、比較的短いスパンでの売買を行っている方だと思います。時には数秒単位で、新たな建玉を保有する事もあるからです。

では私の場合はそのFXではどうなっているかというと、今までに一度も凍結をされた事がありません。というよりも、むしろあまり気にしていないようですね。 本来私のやり方のように短期売買をするとなると、その業者では口座が凍結になる可能性はあるのですが、私の場合は今までに一度もそのような状況になっていないのですね。ではなぜ凍結されないかというと、恐らくそれほどサーバーに対する影響が大きくないからだと思います。

そもそも多くの金融会社がスキャルピングを禁止する理由の1つは、サーバーに対する負荷の問題ですね。あまりにも短期売買を繰り返してしまいますと、サーバーに対して大きな負担がかかってしまうので、金融会社としても敬遠している傾向があります。 ところが私の場合は、そこまで大きな負担をかけていないと考えられているのでしょう。ですので、金融会社から特に何も言われています。

つまりFXでは、実は状況次第ではスキャルピングを行っても良い訳です。基本的にはスキャルピングをしない方が無難なのですが、たまに例外もある訳ですね。結局はやり方次第で、凍結になるか否かを判断されるのでしょう。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ