金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

午前中とは逆の動きになる事が多い午後の時間帯

FXには、時間帯によって動きに特徴があります。とりわけ午後の時間帯などは、その傾向が顕著です。 基本的に午後の時間帯は、午前とは逆の方向に動く事が多いです。100%逆に動くとも断言できないのですね、確率的には高い訳ですね。 例えば午前中において、外貨の動きが上昇基調になっていたとします。そして午後になりますと、だんだんとその動きが落ち着いてくる事が多いのですね。

そして、むしろ下落基調になる事が多いのです。午前中とは逆になるからです。また日によっては、午前中に下落になっている事もあるのですが、その場合は午後の時間帯には上昇しがちな傾向があります。 そして午前とは逆の方向に動く確率が高い訳ですから、午後の時間帯には午前とは逆の建玉を保有するのが望ましいでしょう。

ですので例えば昼の12時頃を迎えた時までに上昇基調になっていたのであれば、12時15分頃に売り玉を保有してみるのも一法なのですね。午前中とは逆の方向に動く事が多いからです。もちろん午前中に下落基調になっていた時には、12時15分頃に買い玉を保有するのが望ましい事になります。 ですので午後の時間帯は、ある意味で動きが読みやすい一面があるのですね。手堅く稼ぎたいと考えているならば、その午後の時間帯に建玉を保有してみるのも一法でしょう。 ただし午後の時間帯には注意すべき点も1つあって、動きがやや少なめな傾向があります。

午前中には大きな動きが発生する事が多くても、お昼過ぎ頃の時間帯となると、その半分くらいの動きになる事が多いのですね。つまり余り大きく稼ごうとするよりは、手堅く稼ぐこと狙うのが良いとも考えられます。 ただしたまに例外もあります。今後の時間帯になりますと、たまに経済での重要人物が重大発言をする事もあるのです。その場合は大きな動きが生じて、万が一の損失が生じる事もあるので、注意を要するでしょう。ただしその確率は少々低めではあります。ですので一応は逆指値を入れておくのは、大切ではありますね。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ