金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

新規売買時よりもむしろ決済時の方が難しい

FXで利益を上げる為には、必ず建玉を保有する必要があります。そして多くの方々は、それを建てるタイミングを重視している傾向があるのです。 確かにこの金融商品は、玉を建てるタイミングは大切ではあります。しかし建てる時だけでなく、実は決済をするタイミングも非常に大事なのですね。そして、実は後者のタイミングの方が、FXは難しい一面があります。

実はこの金融商品は、新規で建玉を保有するタイミングは、あまり重要ではありません。全く重要という意味でもありませんが、正直それほど重要度は高くないと思います。 むしろ難しいのは、それを決済するタイミングなのですね。なぜなら、色々とメンタルの強さが求められるからです。 例えばある時に、米ドルの価格が上昇すると思ったとします。それで買い玉を保有して、時が経過したとしましょう。

非常によくあるパターンですね。 そしてしばらく時間が経過したら、米ドルが案の定上昇してくれたとします。そのような時に、我慢ができるか否かが大きなポイントになるのです。 例えば0.3円くらいの利益が生じますと、そこそこ大きいと考えるケースも多いのです。ですがFXという商品は、利益を伸ばせる時はとことん伸ばした方が良い一面もあります。0.3円とは言わず、1円や2円などと大きく伸ばす方が、それだけ利益率も高まるからです。

問題は、その0.3の時に我慢できるか否かですね。上記の事例では、0.3の段階では利益確定をせずに、しばらく我慢をする必要があります。 そして人間が我慢をするのは、色々とメンタルの強さが求められるのです。少しでも利益が発生すれば欲が出てきますので、早めに利益確定をする方が良いと思ってしまうからです。

しかし我慢をする方が、むしろ利益率も高まる傾向があります。 つまり決済をするとなると、自分自身との戦いが生じる訳ですね。ですので新規売買よりは、むしろ決済をする時の方が難易度が高いと言われています。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ