金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

アナリストの意見が一致している時は逆張りが良い

近頃FXのアナリストの方々が、意見を一致させているようです。今後は大きな下落が発生する可能性が他界との話で、ほとんどの方々は意見が一致していたのです。 なぜ下落トレンドになっているかと言うと、複数の理由があります。やはり一番大きいのは、アジアのある国のようですね。その国の情勢があまり良くないのですね、それが経済の世界に対して色々な波紋を及ぼしています。

もちろん外貨に対しても、その影響が及んでしまっているので、下落トレンドが発生している状況なのですね。 そして前述のFXのアナリストは、ほぼ全ての方々がそのアジアの国に対して言及している状況です。そして今後も外貨の価格は、まだ下がっていくのではないかと意見が一致しているのですね。たまに見られるパターンになります。

では上記のような状況になっている時は、個人のFXのトレーダーはどうすれば良いかと言うと、もちろんそれは色々な考え方があるのです。アナリストの意見に賛成できるようであれば、売り玉を保有するのが望ましいでしょう。現在は下落トレンドになっている訳ですから、売り玉を保有すれば利益率も高まると考えられるからです。 ですが私は個人的には、現在の局面では買い玉を保有してみるのも面白いと考えています。

なぜなら意見が一致しているからです。 この金融商品では、多くの方々の意見が一致している時には、その逆の方向に動く傾向があります。ほぼ全員が下がると話している時には、かなりの高確率で上がっていく傾向があるのです。理由は不明なのですが、なぜか上昇する傾向があります。

ちなみに株式取引などでも、同じような傾向が見られるケースが多々あります。ほとんどの方が上昇すると予想をしている時には、逆に下がってしまうパターンが多いのです。 いずれにしてもFXでは、「意見の一致」には注意を要すると思います。一致の現象が発生した時には、基本的には逆張りのスタイルで売買をするのが良いと思う次第です。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ