金融庁の新規制に対応した国内バイナリーオプション業者を比較
海外バイナリーオプションは危険!日本国内の業者で安心取引

果たしてFXでは確定申告などをする必要はあるのか

税金は、色々な局面に関わってきます。そして税金の手続きだけは、やはり無難に済ませておくべきでしょう。そうでないと、後になって大きなトラブルにもなりかねないからです。少なくとも脱税だけは回避すべきなので、しっかり手続きは行っておくべきですね。

ところでFXも、それと大きな関係があるのです。この金融商品の場合は、やはり20万が1つのボーダーラインになってくるでしょう。そしてマイナス1円も、1つのラインになるのです。 まずFXによる所得は、いわゆる雑に該当します。そもそも所得にも色々な種類が見られる訳ですが、FXは雑所得としてジャンル分けされる訳ですね。金額が非常に大きい時には、事業所得などでも問題は無いでしょう。

200万などを超えている時は、事業所得として申告をしても問題は無いかと思います。ただしその所得のジャンルに関しては、やはり税務署に確認をするのが一番無難ですね。 そして前述の20万ですが、問題はそれを超えているか否かです。1年間FXで売買を行った結果、20万を超えていなかった時には、実は確定申告などをする必要がありません。実はそれはFXに限らず、雑所得全般に言える事なのですね。

申告をしても構わないのですが、納税になってしまうケースが多いので、正直申告はしない方が無難でしょう。 そして重要なのが、損をしていた時です。FXで売買をしますと、たまに損失が生じてしまう訳ですが、その場合は確定申告はする方が良いですね。と言うのも税金には、損失の繰越というシステムがあります。ある年に損が発生した時には、翌年以降などに持ち越しをする事ができるのですね。

ですので来年以降の申告での節税が生じる事もあるので、繰越の手続きだけは行っておくべきだと思います。前述のマイナス1円とは、そのような意味合いになります。 もちろんマイナスになっていなかった時には、別に申告の手続きを行う必要もありません。あくまでもプラス20万以上の時に、それを行うのが良い訳ですね。

バイナリーオプションの説明はこちら
国内バイナリーオプション業者を比較
このページの先頭へ